多色の薬と瓶

ダポキセチンは、男性の性行為における早漏を防止する早漏防止薬に使用されている成分です。
セロトニンの分泌を促し、脳の興奮状態を鎮静化させる働きを持つ抗うつ剤に使用される成分と同じ働きを持っています。
EDとは異なり、早漏には特効薬とされるものがほとんどないと言われていました。

しかし、現在では、飲み薬や塗り薬などさまざまな早漏改善に効果があるものが登場しています。
そもそもダポキセチンは、これまで抗うつ剤として用いられていました。
うつ病の治療のためにダポキセチンを服用していた患者から、射精が遅くなるという声があり、現在では早漏防止薬として開発されるようになりました。
ダポキセチンは、脳内物質のセロトニンの分泌を促して、脳の興奮を鎮める効果があります。
早漏は性的な興奮が絶頂に達するまで、時間が早いことで起こる現象です。
病気や障害ではなく、性的刺激に敏感なだけなので興奮を抑えて脳をリラックスさせ、絶頂に達するまでの時間を延長させるというものです。

使用方法は、性行為の1時間~3時間前に1錠を服用するだけです。
服用後、約1時間で最高血中濃度に達したあとに、速やかに排泄されます。
安全性が高く、副作用も軽度なものが確認されていますが、頻度が高いとはいえません。
早漏は、性行為がうまくできないため、悩んでいる男性は少なくありません。
女性側も、不満や不安が募ってくるため、パートナーとの関係も気まずくなってしまう原因となってしまいます。

早漏には治療方法がいくつかありますが、すぐに効果が現れるのは病院の薬に頼るのが一番です。
ダポキセチンは、射精までの時間を長引かせる力をもっているのが特徴です。
正しい使い方をすれば、安全な成分なので、副作用の心配もほとんどありません。
海外では医薬品として認可されていますが、日本ではまだ厚生労働省の認可を受けていません。
ドラッグストアなどで購入することはできませんので、医師に処方してもらうか、個人輸入で入手する必要があります。

ダポキセチンを含むプリリジーの効果

プリリジーは早漏防止薬として有名です。
主成分はダポキセチンで、うつ病やパニック障害の治療薬と同じ作用を持っています。
継続して服用を続けることで精神的にも安定して、早漏を根本的に治すことができます。

早漏の症状が長期化している場合にはプリリジーを服用して、正常なセックスをすることで、早漏を克服することができます。
プリリジーは一度服用するだけでも早漏を予防する効果を実感できる薬です。
継続して服用したほうが効果が高いので、早漏の症状が重い場合には最低でも24週間以上服用を続けなければなりません。

薬以外でも早漏治療としては包茎手術がありますが、これは早漏の原因となっている包茎部分を治療する方法になっています。
亀頭を露出させて刺激に対して強くすることができるので、手術をするだけで早漏を予防することができます。
包茎手術は保険が適用される場合もありますが、多くの医療機関では自由診療の手術が行われます。
なので、手術方法などを十分に調べてから専門のクリニックなどを受診しなければなりません。

プリリジーなどの早漏防止薬には射精障害の副作用があると言われています。
亀頭の感覚が鈍くなることで快感が少なくなる場合があるので、その場合には医師に相談をしましょう。
他の早漏防止薬を投与してもらったり、早漏予防の塗り薬を処方してもらう方法があります。

塗り薬は基本的には局所麻酔の成分が含まれているので、セックスによる亀頭への刺激を減少させることができます。
塗り薬の場合は感覚が麻痺してくることで快感を得るのが難しくなるのことがあります。
使用上の注意を良く読んで正しく使用しないと満足度の高いセックスが出来ない場合があります。
プリリジーは服用を続けていると不安などを軽減させることができるので、ストレスが原因の心因性早漏を改善することができます。

EDと早漏を治すスーパーPフォース

パートナーの女性との良好な関係を維持するには、セックスで相手の女性を十分に満足させる事が重要です。
ですが人間の体力というのは年齢と共に、衰えてしまいます。
そのため加齢により、セックスの際に肝心な所で下半身が機能しなくなるEDのような障害が起こる場合があります。

また、女性が性的絶頂に達する前に、自分だけ射精に至ってしまうという形で早漏の症状に悩んだりする人が増えてしまうものです。
しかも中には、どちらの症状も併発してしまう人もいます。
その様に、EDと早漏を併発してしまうと、セックス時にどちらかの症状、もしくは両方の症状が出るんじゃないかと気になってしまうものです。
結果、不安により症状を誘発してしまうという悪循環が生まれる事が少なくありません。
しかもそういった形で症状が頻発すると、コンプレックスやトラウマとなり、セックスを楽しむ事も出来なくなるのです。

だからこそ、EDと早漏という2つの症状に悩んでいる人は、どちらも解決する必要があります。
まず、自分の体力的な衰えを認め、きちんと対策を講じる必要があります。
その際、ED治療薬や精力剤、早漏改善薬を用いる事になりますが、現在そういった薬は数多く存在しており、どれを選ぶべきか悩む人は珍しくありません。

もし、EDと早漏の悩みを同時に解決したいなら、スーパーPフォースという治療薬を使用すべきです。
スーパーPフォースは、早漏の治療薬として高い効果が見込めるだけではないのです。
EDの改善効果が可能な成分、クエン酸シルデナフィルが含まれています。
このクエン酸シルデナフィルはED治療薬で有名なバイアグラに含まれる成分と同じものです。

早漏改善には、プリリジーに含まれている成分と同じダポキセチンがこのスーパーPフォースには含まれています。
なので、服用する事で早漏とEDを同時に改善する事が出来るという所が、他の早漏治療薬よりも優れている点なのです。
2つの症状を併発している男性は、効率良く治療を行う事が可能です。

スーパーPフォースは、即効性にも優れており、服用してから30分から1時間程で効果が得られるので、パートナーの女性との気まずい状態も直ぐに改善出来ます。
早漏とEDに悩んでいる方はぜひ試してみることをおススメします。

記事一覧

画期的な「飲む早漏治療薬」として世界で注目を浴びているダポキセチンですが、その効果はどういった仕組み...

カプセルと錠剤

早漏気味の男性というのは一度の失敗が後遺症となってしまって、その後余計に射精が早まってしまうというこ...

考えている男性

外用薬の早漏防止薬の場合、パートナーが副作用の影響を受けてしまうことがあります。 感度を抑えるための...

薬とくだもの

早漏改善のために使用する場合、性行為の1時間から3時間前に服用するのが正しいダポキセチンの服用方法で...

考える男の人

現在ダポキセチンが配合された早漏改善薬として代表的な医薬品はプリリジーとポゼットがあります。 配合さ...